愛媛 地震。 愛媛県で震度4の地震、高知県や大分県でも震度3の揺れ 6月19日

“空白地帯”愛媛で震度4…瀬戸内海で不気味な兆候 専門家「最後に南海トラフ地震が起きるパターンが」 (1/2ページ)

😍 「じつは現在の状況は、422年前の大地震直前に酷似しています。 地震の規模(マグニチュード)は、4.7と推定される。 7以上の地震は最後の2001年から20年近く経っているので、年々、その発生確率は高まっていきますので注視しておきましょう。

9

【愛媛県】3分でわかる過去の大地震「芸予地震・昭和南海地震・安政南海地震」

😗 この地震による県内の死者は1人。 まとめ 愛媛県は南海トラフ巨大地震が発生すると最大で震度7の非常に激しい揺れに襲われる可能性があるほか、10mを超える大津波も想定されています。 7の地震が発生。

8

愛媛県の地震危険度ランキング!地震に強い地域はどこ?【2021年3月公表】

😚 この地震による津波の心配はありません。

1

地震情報

☕ 専門家は、南海トラフ巨大地震や豊臣秀吉の時代に起きた慶長伏見地震との歴史的な関係性があると警鐘を鳴らす。

18

愛媛県で震度4の地震 津波の心配なし (2021年6月19日)

🤟 1854年の地震(マグニチュード7. 気象庁によると、6月19日午前7時39分ごろ、愛媛県で震度4の地震があった。 4 南海トラフによって引き起こされた巨大地震は過去に何度も発生し、愛媛県でも揺れや津波によって多くの犠牲者を出してきました。 太平洋に面している地域に比べると被害は小さかったと考えられるものの、それでも大きな被害となりました。

10

愛媛から徳島にかけては危険…歴史で読み解く「大地震」連鎖

😔 ちなみに、1596年から9年後の1605年、南海トラフが震源と推測される、M7. 地震が少ないとされる瀬戸内海地方で、不気味な地震が相次いでいる。 これまでM8前後の巨大地震を繰り返し起こしてきました。

愛媛から徳島にかけては危険…歴史で読み解く「大地震」連鎖

☏ 同気象台によると震源の深さは約40キロ、Mは4・0と推定される。 岡山県や三重県、高知県、それに兵庫県淡路島で震度6の激しい揺れを観測したほか、香川県でも震度5相当の強い揺れがあったとみられています。

2

愛媛で震度3と震度2の地震|NHK 愛媛のニュース

♨ ほかの南海地震と区別するために「昭和南海地震」と呼ばれています。 5)では、高知・宮崎・愛媛・熊本・大分に被害をもたらし、愛媛では負傷者3名、住家全壊1棟の被害となっています。 また、地震に伴う津波リスクが高い地域も忘れてはいけません。

4