四 神 相応。 【四神相応之地】風水によって決められた4つの神。京都の市心中が平安京に配置された理由とは?

四神相応

🙂 橘俊綱は出入りの陰陽師から風水の知識を得たのでしょう。 寺本健三『風水説研究』(京都・中西印刷)2016年 関連項目 [ ]• 藤原京にも多少は風水の知識が使われているかも知れません。 なお、ここに朱雀を「洿池」即ち「溜め池」とすることは宅地からの水溜めを示していて、これらが住宅の敷地の撰地に限定していることに留意すべきである。

15

平安京が四神相応の地だった本当の理由

💙 珍誉の言は以下のように記録されている。 (上表参照) 平安神宮 京都府京都市左京区岡崎西天王町97 大極殿の東には「蒼龍楼」西には「白虎楼」がそびえ、本殿の東に位置する中神苑には「蒼龍池」西神苑には「白虎池」の名前がつけられています。 また、後期の『詞林采葉抄』では「その中山を玄武に当て、貴人金爐を朱雀に当て、…」とあり、朱雀に「貴人金鳥」が対応付けられていることがわかる。

四神相応の土地相

😙 作庭記は、名前の通り、庭づくりのための書であり、四神相応の木々の選定と配置のための参考書である。 しかし平安京が造られたのは唐風文化が流行中の8世紀。

平安京は四神相応の都

⚒ 平安京は、東に鴨川があり 青龍が、南に巨椋池(おぐらいけ)があり 朱雀が、西に山陰道があり 白虎が、北に船岡山があり 玄武が守る、四神相応の地「平安楽土」として選定されました。 『日本史年表・地図』、• 風水とは大地の気の流れをもとにしてその場所の「良い」「悪い」を決める占い。

3

平安京が四神相応の地だった本当の理由

💕 ところが山川道澤は平安時代後期に書かれたとされる「作庭記」という本が元ネタ。 高藤 聡一郎『仙道風水術 尋竜の法』 本書の平安京の風水についての解説は、1994年6月5日にNHK総合で放送された『よみがえる平安京』のダイジェストとなっている。

9

四神相応の土地相

🤑 京都の白虎は西山 京都盆地を囲む嵐山 382m から松尾山 276m へとなだらかにつながる山地が西山。 四神はどんな地形 風水では龍脈から湧き出る気=大地のエネルギーを守るのが四神の役目。

5

【四神相応之地】風水によって決められた4つの神。京都の市心中が平安京に配置された理由とは?

❤ なぜ公家がこのような知識をもっていたのでしょうか? 実は作庭記には陰陽五行説や風水の知識がもりこまれているのです。

平安京が四神相応の地だった本当の理由

🤩 北に高くそびえる山があり、南が広く開けた湖沼があり、東に清き流れがあり、西に大きな道が続くのが一般に四神相応の地とされている。

2