柿 食 えば 鐘 が 鳴る なり 法隆寺。 正岡子規・選集

井口時男が読む「教科書の俳句」

⚐ では、奈良と柿の取り合わせは前例がない、と自負する子規は「くだもの」でこの句のことを書いているか。

18

晴れ間が欲しい

🤫 さて,子規は漱石の盗作をしたのでしょうか? 子規の代表句は,漱石との共同によって成立した。 子規は,ここに50日余り暮らしていました。

7

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

👍 ここで、世間の「常識」に対して強調しておきたいことがある。

晴れ間が欲しい

😁 子規が亡くなったのは、何度も言いますが... 明治35年 の 9月19日で す。

7

井口時男が読む「教科書の俳句」

🤜 だが、たった十七音で風景を「写生」する困難は誰にもわかる。 Notify me of new posts by email. 芭蕉 (1644~1694年)が 没したのが 1694年です。

9

柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺

☢ この奈良行きが,子規にとっては最後の旅となりました。

14

ちくまの教科書 > 国語通信 > 連載 > 授業実践例 > 第三章 俳句

😉 ちょっとなつかしい、 日常生 活の万能・小道具です。