種苗 法 改正 案。 【種苗法の最新情報】「種苗法改正案」の内容と今後危惧されることについて

種苗法改正の問題点―種子条例の意義と地方自治体に今後できること

😩 2020年6月4日• 農林水産省は「許諾制」の手続きについて、円滑に許諾申請ができるようひな型を作成し、JAなどを通じて団体申請もできるようにする考えを示しています。 気候変動と食料危機、食の格差 その一方、世界では、気候変動による食料危機への恐れが現実化しています。 加えて、商業目的で生産する場合も、多くは改正の影響を受けないのだ。

15

種苗法改正案が可決 農家負担増の回避を 適正な運用で附帯決議|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

☺ しかし 私も含めて 多くの消費者は 「菜園をする土地」がありません。 ちなみに私は 改正案の「自家採取禁止」の項目に反対です。 法律に反しない限り、地方自治体はなんでも条例で定めることができ、条例に違反するものには懲役罰金等の刑罰を課すこともできます。

8

【種苗法の最新情報】「種苗法改正案」の内容と今後危惧されることについて

💢 個人的にはうれしいです。 例えばは株から伸び出すランナーと呼ばれる茎から、新たな株ができる。 「日本の農家さんが窮地に立たされてしまいます」 「新型コロナの水面下で、『種苗法』改正が行われようとしています」。

19

種苗法改正案が可決 農家負担増の回避を 適正な運用で附帯決議|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

🤔 農業を発展させるための改正ですので、農業崩壊はしないと考えています。 農業者が栽培している在来種に登録品種の花粉が交雑して採れる種は、一般に登録品種と全ての特性が同じにはならないため、登録品種の権利は及びません。 そこで、まもなく審議が始まる種苗法改正を連載で解説する。

12

【種苗法改正】何が変わる?農家が知っておきたいポイントを解説

👆 種苗法改定においても、こうした懸念を払拭するためには、(1)日本の新品種の海外農家への流出の歯止めには真に何が必要か(2)コメ、麦、大豆の種の海外企業への譲渡にどう歯止めをかけるか(3)共有財産たる在来種が勝手に企業の儲けの道具に使用されないように、どう歯止めをかけるか、 といった論点を中心に、柴咲コウさんも指摘しているように、国民全体で客観的なデータ、情報を共有して、冷静で丁寧な議論を尽くして、解決策を見出すことが肝要である。 30年前に中南米諸国を席巻し、モンサント法案と呼ばれた自家採種禁止法案、これこそが多国籍企業の種子支配の本当の狙いです。

8

【種苗法の最新情報】「種苗法改正案」の内容と今後危惧されることについて

🖕 江藤農相は19日、種苗法改正法案の慎重審議を求める声に応える形で「許諾が必要なのは登録品種のみで、例えばコメの品種の84%は制限のない一般品種だ。

種苗法の改正について:農林水産省

🤟 つまり今後は食卓により近い作物が対象になっていく可能性があることを意味する。 日本の「食」の危機は もちろん含んでいるのですが、 そもそも「改正案の目的」と 「手段」がずれています。

8

(社説)種苗法改正 農家の不安にも配慮を:朝日新聞デジタル

🤞 これらの企業は以前から自家増殖の禁止を求めていました。 — 異邦人 Narodovlastiye 賛成派の意見 そもそも、改定で禁止や抑制する品種は 「登録品種」のみであり 一般品種については自由に取り扱うことができるため 数多くの農家が窮地に陥る影響はそんなにないのではないか この改正案が通れば、毎年高額で種を買っている農家も 優良品種を開発した開発者も保護されるため種苗法の目的にも合う法律だといえます そもそも、これまで作物が海外に流出しまくってたのが異常で改正されて当たりまえではないか? 山形のサクランボの次期主力と期待されている新品種の枝を外国農家が勝手に持ち出して自家生産し出荷直前までいった イチゴのとちおとめ、サツマイモの紅あづまも外国に持ち出されて勝手に「我が国の名産」にされた しかし、それを直接罰する法が我が国にはない だから — もんがまえ mongamae0630 一般品種と登録品種 賛成派の意見で述べたように、今回の改正案を理解するためには、法で禁じられていない 『一般品種』と、改めて禁じられた『登録品種』の違いを理解しなければなりません。 在来種を含むそれ以外の一般品種の利用は制限されていません。

19

種苗法改正案が可決 農家負担増の回避を 適正な運用で附帯決議|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

😍 (育成者権の存続期間に関する経過措置) 第三条 新法第十九条第二項の規定は、この法律の施行後に品種登録を受ける品種に係る育成者権について適用し、この法律の施行前に品種登録を受けた品種に係る育成者権については、なお従前の例による。 許諾などの手続きが煩雑になる懸念は確かにありますので、煩雑さをできるだけ少なくしたいです。 今日では北海道から鹿児島県まで24の道県で種子条例が制定もしくは制定準備中で、これらの県では従来通り伝統的なコメ、麦、大豆の種子を農家は安価に安定して提供を受けることができるようになったのです。

6