春日 局 明智 光秀。 明智光秀は生きていた!?「かごめかごめ」に隠された南光坊天海の正体

明智光秀・徳川家康・春日局を繋ぐ点と線

👊 要は募集広告を見て、採用されたというのです。 さらにもう1つは、豊臣と徳川の決戦となった 慶長19-20年(1614-15年)の「大阪の陣」。 ( 日語 : )(2020年、NHK、演:) 漫畫• 「光秀、すまねぇな」とは思っていても、「光秀、けしからん」とは思っていなかっただろう。

3

江戸初期の僧侶「天海僧正」の正体は明智光秀なのか? ~ 表裏一体の謎に迫る

👐 養父は稲葉重通です。 長女は秀吉の側妾「淀殿」である。 説その2:光秀は濡れ衣を着せられた! 表の天海と裏の光秀。

18

春日局

🙄 そんな『麒麟がくる』の終盤の第38話で稲葉一鉄(演:村田雄浩)の家臣・斎藤利三(としみつ。 (1968年、KTV、演: ( 日語 : ))• もし、裏で家康と光秀が手を組み光秀が死んだと見せかけ、その後に天海と名前を変えて家康と最後に天下を取ったと仮定すれば、家康のブレーンとして活躍するのも納得が行くのである。 天海=光秀説はロマンがある 明智光秀は、本能寺の変の後に根回しをしたにもかかわらず、数多くの武将に裏切られ、たった11日で山崎の合戦で秀吉に負ける。

7

興禅寺~黒井城の下館~明智光秀の重臣・斎藤利三が治めた春日局の生誕地

😭 そのため、命からがら地元・三河へ帰ることになったのです。 違っていたらごめんなさい(苦笑)。 その点、春日局の経歴は申し分ない。

明智光秀は生きていた!?「かごめかごめ」に隠された南光坊天海の正体

🍀 さらに味方になってくれると思っていた細川幽斎 藤孝 、筒井順慶にも協力してもらえず、兵力を揃えることが出来ませんでした。 福もちょうど四男を産んだばかりだったのがよかったのか、京都所司代であった 板倉勝重の推挙を受けて江戸へ行くことへ。 道三は京都朝廷を警固する武士・松波氏の子として生まれ、日蓮宗の僧となり、美濃で還俗して油売りに転身、土岐家家臣・長井長弘に仕えて西村勘九郎と名乗った。

15

どうして徳川家康は家光の乳母に春日局(明智光秀の重臣の娘)を選んだの...

🤲 しかし驚くべきことに、比叡山「不動堂」の石灯籠には、豊臣家が滅亡した年にあたる 慶長20年(1615年)の日付で「願主 光秀」と名が記されています。 ちなみに光秀の首実検はキチンとされておらず、実際光秀本人だったのかどうか、わからなかったらしいです。

13

明智光秀・徳川家康・春日局を繋ぐ点と線

🤣 延暦寺松禅寺の石灯篭 明智光秀が死んだとされる 山崎の合戦は1582年、石灯篭に「光秀」という名前が書かれた年は1615年。

4