泉 鏡花。 泉鏡花的浪漫與幻想之境

泉鏡花

☺ (影法師)将棋で富の市に嘲笑されて以来、深水の家を訪ねなくなったが、夜陰に乗じてその近所まではしばしば出かけた。 新次が将棋でお秀に負けそうになると、富の市はお秀の歓心をかうためにわざと将棋に負けてみせると嘲笑する。

泉鏡花全作品『鏡の花』

😃 也許就連作為敘事者的「我」也不明白那一瞬間的相遇在高峰心裡掀起多大的漣漪,連兩人之間在這之後是否有更進一步的交集都不清楚。 『金時計』(1893年、)小説 鎌倉長谷に別荘を構える外人アーサー・ヘイゲンが紛失した金時計を探した者に賞金100円を与えると広告する。

泉鏡花

🤜 (燈籠)新次は亡き母の墓参りをして僧に墓経を読んでもらい3つの燈籠に火を点じたのであった。

泉鏡花全作品『鏡の花』

🙏 一方で、執筆意欲は止まらず『銀短冊』(文芸倶楽部)や『瓔珞品』(新小説)を連載。 (明治36年) - 紅葉が急逝。

6

博客來

☣ 寺に闖入してきた屑屋を嫌い羽子板で突き倒してしまったが、それを悔いて自ら屑屋のもとに謝罪に行った。

4

泉鏡花

✇ 母・鈴は、加賀藩御手役者中田万三郎豊喜の末娘で、の生まれ。 喫煙者でを愛用していたことでも有名だが、吸い口が汚れないために妻の手製のキセルキャップを愛用していた。

泉鏡花

💓 (大正9年)1月、『伯爵の釵』(『』)。 譯作豐富多姿,譯有三島由紀夫《我青春漫遊的時代》、《太陽與鐵》、松本清張《砂之器》、《半生記》、《戰爭時期日本精神史》、《親美與反美》、《編輯這種病》等等。

泉鏡花:外科室

🎇 (大正5年)、『萩薄内証話』。 (明治35年) - 胃腸病のために静養。 そのほかに相模守の忠臣で岩永・石村らの陰謀を暴こうとして獄死する沖野新十郎や無残な拷問で死亡するその妻浪などが登場する。