一生 そば に いる から 一生 そば に いて 歌詞。 虹 菅田将暉 歌詞情報

【歌詞】 虹 / 菅田将暉|kgasa|note

🤑 涙をこらえながら、大切な人達へ「絶対に彼女との絆は手放さない」と伝えようとしているのでしょう。 泣 な いていいんだよ そんな 一言 ひとこと に 僕 ぼく は 救 すく われたんだよ ほんとにありがとう 情 なさ けないけれどだらしないけれど 君 きみ を 想 おも う 事 こと だけで 明日 あした が 輝 かがや く ありのままの 二人 ふたり でいいよ 陽 ひ だまりみつけて 遊 あそ ぼうよ ベランダで 水 みず をやる 君 きみ の 足元 あしもと に 小 ちい さな 虹 にじ ねぇ 一生 いっしょう そばにいるから 一生 いっしょう そばにいて 一生 いっしょう 離 はな れないように 一生懸命 いっしょうけんめい に きつく 結 むす んだ 目 め がほどけないように かたくつないだ 手 て を 離 はな さないから ママの 優 やさ しさとパパの 泣 な き 虫 むし は まるで 僕 ぼく らのようでさ 未来 みらい が 愛 いと しい 大 おお きな 夢 ゆめ じゃなくていいよ 自分 じぶん らしくいれたらいいよ ひとりぼっち 迷 まよ った 時 とき は あの 頃 ころ を 思 おも い 出 だ してああ さみしい 夜 よる を 半分 はんぶん 僕 ぼく に 預 あず けて 欲 ほ しい うれしい 日々 ひび は 十分 じゅうぶん に 笑 わら い 合 あ っていたい どんな 言葉 ことば でも 足 た りないよな 君 きみ のぬくもりに 触 ふ れたせいかな 家族 かぞく や 友達 ともだち のことこんな 僕 ぼく のこと いつも 大事 だいじ に 笑 わら うから 泣 な けてくるんだよ 何 なん にもなかった 空 そら にぽつんと 輝 かがや いていた 「ありがとう」に 代 か わる 言葉 ことば ずっと 探 さが していたんだ 一生 いっしょう そばにいるから 一生 いっしょう そばにいて 一生 いっしょう 離 はな れないように 一生懸命 いっしょうけんめい に きつく 結 むす んだ 目 め がほどけないように かたくつないだ 手 て を 離 はな さないから 離 はな さないから. そんな姿がこの曲では重んじられています。

菅田将暉

⚒ そんな 「君」と過ごす何気ない日常が「僕」にとっての幸せなのです。 All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。

菅田将暉

😃 「おばあちゃん、僕は誰かを幸せにできるかな?」これはこの映画のタイトルにしても遜色ない大切な言葉です。 この楽曲は、 情けなくてだらしない泣き虫な「僕」の視点で歌われています。 気持ちのこもった言葉を考えながら、 彼女の優しさにどう応えようか悩んでいる姿が歌われています。

菅田将暉 虹 歌詞

🐝 それが 彼のできる精一杯の行動であり、彼女に対する誠意なのでしょう。 相手の弱いところも含めて、理解し認め合う。 「君」が花にじょうろで水やりをした時に、虹を見つけて幸せを感じた「僕」。

虹 菅田将暉 歌詞情報

😚 また、このラストの「離さないから」は、振り絞るような声で歌われています。 泣いていいんだよ そんな一言に僕は救われたんだよ ほんとにありがとう 情けないけれど だらしないけれど 君を想う事だけで 明日が輝く ありのままの二人でいいよ 陽だまりみつけて遊ぼうよ ベランダで水をやる君の 足元に小さな虹 ねぇ 一生そばにいるから 一生そばにいて 一生離れないように 一生懸命に きつく結んだ目がほどけないように かたくつないだ手を離さないから ママの優しさとパパの泣き虫は まるで僕らのようでさ 未来が愛しい 大きな夢じゃなくていいよ 自分らしくいれたらいいよ ひとりぼっち 迷った時は あの頃を思い出して ああ さみしい夜を半分 僕に預けて欲しい うれしい日々は十分に 笑い合っていたい どんな言葉でも足りないよな 君のぬくもりに触れたせいかな 家族や友達のこと こんな僕のこと いつも大事に笑うから 泣けてくるんだよ 何にもなかった空に ぽつんと輝いていた 「ありがとう」に代わる言葉 ずっと探していたんだ 一生そばにいるから 一生そばにいて 一生離れないように 一生懸命に きつく結んだ目がほどけないように かたくつないだ手を離さないから 離さないから Powered by この曲を購入する プロフィール 菅田将暉 スダ マサキ 俳優・歌手。 この部分は理解しやすい文章ですね。

4

虹(菅田将暉) / コード譜 / ギター

🤝 それでは1番から詳しくみていきましょう。 SINGLE このアーティストの人気シングル. また、 どこか頼りないけれど心優しい「僕」は、のび太のように親しみやすく応援せずにはいられない魅力があります。 そして、いつもは考えていなくても、時折そういう気持ちに立ち戻ること大事かもって。

2