アメリカ 選挙 不正。 不正選挙

「大統領選の不正投票疑惑」いまだ真相が報道されない本当の理由 集計システムと民主党を結ぶ点と線

📲 (日程は憲法で決まっている) また、報告書によって大統領選の結果が覆る可能性も否定し、信頼できる証拠を示せていないと紹介しました。 そして悪い予感はその通りになった。

20

アメリカ大統領選2020:目の前で起こった選挙ドラマの全容|🇺🇸在米ジャパニーズ㊛🇯🇵の徒然草🖊📒|note

🤙 大衆を二極化することによって、社会の分断を扇動している。 少なくとも1人の最高裁判事はこの訴訟を審理するメリットがあると表明したが、最終的に連邦最高裁は「当事者適格がない」という理由で。 当社サイトでのご意見大変、感謝申し上げます、 より何か発信されたいことがございましたら、是非、当サイトにご寄稿ください。

3

アメリカ大統領選2020:目の前で起こった選挙ドラマの全容|🇺🇸在米ジャパニーズ㊛🇯🇵の徒然草🖊📒|note

😛 世論調査から投票用紙、計算機、ソフトウェア、郵便投票に至るまで、一歩一歩、全体がよく計画され組織されていた。 しかし、同ハッシュタグはハックされてしまい、K-POPアーティストの画像ばかりが出てくる珍現象が起こっています。 あまりに不正の酷さに多くの非難の声があがり、ついに州務長官、州知事も不正の事実を認めました。

3

アメリカ大統領選は不正だったのか!? その根拠をまとめてみた!

♻ そんな中、不正選挙の根拠をまとめたひとつの報告書が注目を集めています。

13

「不正まみれ」のアメリカ大統領選!~明確に見えるChinaの陰~

🤩 香港大紀元新唐人は、中国共産党による専制国家の中にいながらも、全体主義に対抗し、絶えず抑圧されてきました。

9

【日本のメディアが報じないアメリカ大統領選】「クラーケンを解き放つ」とは?不正選挙の追及とその影響(2021年1月)

🤛 バイデンの不正!?そんなことがあるのか!? 今回の大統領選での最大の関心事項は「不正選挙」でしょう なぜなら選挙人獲得数では負けたとされるトランプ陣営が、バイデン側の「不正」を訴えているからです。 間違いなくアウト。 再選は圧勝で終わるはずだった。

7

米司法省は不正選挙疑惑を「純然たる狂気」と一笑 / トランプ大統領は連邦最高裁が再選挙を命じることを望んでいた——当時のeメールを下院監視委員会が公開

😚 103• アメリカでの反応は? クラーケン騒動を巡るアメリカの様子はどうでしょうか?アリゾナ州で暮らす筆者目線で紹介します。

11

米ミシガン州選挙監視員が不正を告発 「突然、7千票が13万になった」

🤘 投票所にて、ホワイトボードで部屋を隠蔽 などが報告されている。 ・ 「死者」に投票用紙が送られた。

11