クロスレイズ 真のイノベイター。 真の脅威

[Gジェネクロスレイズ] キャラクターアビリティ

⚠ の発展機に分類されているが、イノベイドの最新技術が盛り込まれ、同時期に開発されていた次世代機ジンクスIIIに近い機体とされる。

4

「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」,新育成システムの「アビリティGET」や追加の登場キャラクターなどが紹介に

😇 自己対話型複列分散処理AIユニットを搭載し、さらに機体の整備を自動的に行う自己修復型マイクロマシナリーテクノロジーが導入されるなど、無人での運用も想定されている。 その後、ギルバート・デュランダルが『デスティニープラン』を発表すると、その実行を阻止すべく宇宙での決戦に挑む。 『【EX】特殊強化能力』を習得させている場合は非推奨。

Gジェネクロスレイズ プレイ日記

💖 1~3 グループ範囲内にいる味方ユニットの最終命中率を上げる。 12機から戦艦連携で倒した数を引き、1残る形にする(例. 性格は享楽的で豪快。 機動兵器ガンダムを所有する彼らの名は『ソレスタルビーイング』。

4

[Gジェネクロスレイズ] キャラクターアビリティの構成案

😎 システム「グループ派遣」を有効活用して、攻略に役立てよう グループを派遣 グループ1~グループ4のいずれかを作戦に派遣することで報酬を持ち帰ってくる。 和解したロウにガンダムアストレイブルーフレームを譲渡され、その後は機体の汎用性の高さを活かし、不可能とも思える様々な依頼を遂行していく。 極めて高い戦闘能力を発揮する装備であったが、完成したツインドライヴの同調に成功したことから、実戦で使用されることはなかった。

10

真の脅威

🤘 important;text-decoration:none! 幼少期から生死を共にしてきたオルガ・イツカとは強い絆で結ばれており、彼の頼みならばどんな仕事でも引き受ける。

6

今日のMSはダブルオーライザー(Gジェネクロスレイズ)

🖕 25rem;transition:border-color. 『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』のSTAGE04『ギガフロート』(HARD)に出現する『ロンド・ギナ・サハク』のアビリティホルダー。 以後、MO-Vを守る戦いの中に身を置きつつ、パイロットとして大きく成長していく。 単機においても高い火力と優れた機動性能を兼ね備えており、弾幕展開による防御行動や戦闘支援に加えて、強力なセンサーを用いた情報収集など、幅広い運用が想定されていた。

18

Gジェネクロスレイズ プレイ日記

♻ 最新鋭MSであるAEUイナクトのテストパイロットに抜擢されるが、その模擬演習の際にソレスタルビーイングのガンダムエクシアによる初の武力介入で機体を撃破され、世界で初めて『ガンダム』に敗北したという不名誉な肩書きを得てしまう。 また、マクギリス・ファリドとは浅からぬ因縁があるらしく、指揮官のラスタル・エリオンに対して、彼の動向についての助言をたびたび行っている。

今日のMSはダブルオーライザー(Gジェネクロスレイズ)

🐝 独立治安維持部隊アロウズに所属するパイロット。

3

真の脅威

☮ プラント、地球連合軍、中立国家群の共同出資によって設立されたDSSDが、火星軌道以遠領域の探査を目的とする『スターゲイザー計画』の要として開発した非戦闘用の機体である。 しかし、ダブルオーガンダムの『ツインドライヴシステム』が安定稼動にいたらなかったため、合体した本機がそのシステム制御を行い、『トランザムシステム』を完全な形で発動させることを主目的として実戦投入された。

1