日航 機 墜落 事故 中曽根。 なぜ松永はウソをついたのか~中曽根氏の戦後日本外交から読み解く

日航ジャンボ機123便墜落事故には総理だった中曽根だけが知っ...

📞 いったいなぜこのようなことがいわれるのでしょうか?ということについて調べていきます。 「墜落直後に生きている人が多数いた」とはいえ、それは生存者がいる狭いエリアに限定されます。 生存者は「機体の急降下はなかった」などと証言していません、逆に「真っ逆さまという感じ」という急降下の証言をしています。

5

日航機123便の真実は、ほぼ事実である

🙂 ネットに流布している陰謀論によると、「中曽根康弘」はロックフェラーから円高に誘導するよう脅されていたが、なかなか吞まなかった。

10

RAPT

🔥 中日新聞(1989. 自民党と創価学会の連携で。 520人は無駄に犠牲になったわけではなかったのです。

日航ジャンボ機123便墜落事故には総理だった中曽根だけが知っ...

🤩 それを否定するなら、事故調査報告書の内容に匹敵する科学的検討をしてください。

なぜ松永はウソをついたのか~中曽根氏の戦後日本外交から読み解く

😁 ここでも「真実は墓場まで持っていく」発言を確認できませんでした。 人命救助を優先しようとした自衛隊員数名が処分されたという噂• 日本を代表するビル会社、森ビルの正体はフリーメーソン日本支部であり、イスラエルのフロント企業であり、その資金源は日本軍部とGHQから略奪した貴金属であった。 政治には表もあれば裏もある場合があるので、アメリカに 別の意図がある場合も考えられますが・・・。

16

日航機墜落事故の真相を巡る謎まとめ。中曽根総理の陰謀説!? [JAL123便]

🍀 その不思議の一つが、日本航空日航ジャンボ機123便の墜落時刻から救出までに、16時間もの間が開いている不思議です。

中曽根康弘元首相が墓場まで日航機墜落事故を隠す惨事は本当か?

🎇 他には、自分の人間ドックを優先させたり、ということで驚いたんです。 飛行機が墜落する際場所が悪ければ甚大な被害が 出ますが、それを危惧した中曽根氏が 自衛隊機に よる撃墜命令を出したと囁かれています。