わかさ 生活 社長 ブログ。 角谷建耀知

わかさ生活、きっかけは社長の一声、わかさ生活のスピード経営を実現した情報配信基盤「Handbook」とは?

😛 このように増え続ける資料を管理する足立氏らの業務負担も大きなものだったが、経営層にとっても、必要な情報を瞬時に取り出せないという状況は、判断の遅れなどの影響を与えかねない状況が懸念された。

14

社長のコトバ|わかさ生活

😗 「ユーザーである経営層の要望を聞きながら、どのようにコンテンツを管理するのが便利なのかを工夫しました。

角谷建耀知

😂 お客様に本当に健康を届けたいと思っている方には理解が難しいと思います。 また、以前は資料を整理したり、そこから欲しい情報を見つけ出すのに時間がかかっていたりしたほか、廃棄して後になって資料がないと気付くこともあったが、Handbookを利用すれば細かな情報まで気兼ねなく登録できるので、今ではすぐに欲しい情報が手に入るようになったという。

2

わかさ 生活 社長 ブログ

👈 iPadとクラウド型の情報配信サービス「Handbook」を導入 こうした課題を解決すべく、同社社長の角谷建耀知(かくたにけんいち)氏が提示したのは、「iPadで資料を閲覧できるようにする」という情報管理手法の実現だった。 Handbookの導入によって紙の利用を削減でき、資料を管理するための労力削減にもつながりました。

2

わかさ生活の「退職検討理由」 OpenWork(旧:Vorkers)

⚓ iPadとHandbookを導入したことで、単なる課題解決だけではなく、社内での情報活用のあり方が大きく変革しました」 こう力を込めるのは、経営陣の業務をサポートする、わかさ生活 創務部の足立美奈氏だ。 情報の取捨選択が可能に 一方で、情報の管理者の仕事はどう変わったか。

7

わかさ生活

🤪 追加や削除が容易なHandbookで選別し、それを紙資料にも反映させるという使い方を新たに確立したのだ。 当然、会議の頻度に比例して、配布される資料も膨れ上がる。

株式会社わかさ生活の社長が語る女子プロ野球とeスポーツの理想的未来予想図 vol.2

😔 「運用においては、登録しないといけない資料と、そうでない資料とを分ける作業がポイントになります。 まさにわかさ生活が求める使い方に適したものだった。

20

社長のひとこと朝礼が始まりました。|わかさ生活|note

😄 また、辞退した選手たちの中から、指導者とか野球教室の先生になってくれ子が出てきたらいいなと思い、野球教室をすごい数やってるんですよ。 大学を中退後 [ ]、1998年4月23日、大阪府に株式会社わかさ生活を設立。 瞳の健康をサポートするサプリメント『ブルーベリーアイ』から始まり、体のお悩みをサポートする商品や、アンチエイジングが注目されている現代に即した美容商品、スポーツ関連商品の開発販売も行っています。

12

わかさ生活

⚛ これまで膨大な紙資料を綴じたファイルバインダー群は、決算期ごとに選別して整理していたが、最近ではHandbookに登録している情報かどうかを基準として整理している。 これまで膨大な紙資料を綴じたファイルバインダー群は、決算期ごとに選別して整理していたが、最近ではHandbookに登録している情報かどうかを基準として整理している。

3