賞与 計算 シュミレーション。 【第8回】年金を減らさない働き方

自営業(個人事業主)の年収1,000万円と会社員の年収1,000万の違い

🤟 年金は働きながらでも受け取ることができますが、60歳以降の給与次第では年金が減額されたり、また給与の額が大幅にダウンした場合には雇用保険から給付金がもらえる制度もあります。 一方、会社員の年収1,000万円の手取り額は約740万円です。

7

【第8回】年金を減らさない働き方

♥ さらにこの給付金は非課税で、毎月60歳到達時の給与と現在の給与を比較して支給されます。 厚生年金に加入して働くと年金額が減額されることがありますが、大きなメリットもあります。

6

自営業(個人事業主)の年収1,000万円と会社員の年収1,000万の違い

🔥 付加年金を例に取ると、所得税と住民税が安くなることから、 年収1,000万円の場合、利率は900%にもなります。

8

【第8回】年金を減らさない働き方

👈 税金の種類が1つ増える(個人事業税)• 年金は自分で準備する必要がある 自営業と会社員では老後にもらえる年金が異なります(国民年金と厚生年金)。 自営業、会社員とも前年支払った社会保険料は今年度と同額、人的控除は本人基礎控除のみ(38万円)で計算しています。

2

自営業(個人事業主)の年収1,000万円と会社員の年収1,000万の違い

😚。 この場合に算出される所得控除額は参考になりません。 会社員(サラリーマン)は領収書不要で所得税、住民税の計算時、 220万円の所得控除が認められるものの、 自営業(個人事業主)は最大65万円(青色申告特別控除)しか認められないため、 同じ年収でも元となる金額が大きくなり、税金が高くなる。

3

【第8回】年金を減らさない働き方

🚀 なお、減額される年金や高年齢雇用継続給付金については、年金事務所で実際に計算をしてもらえます。

20

かんたん税制優遇シミュレーション|iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)【公式】

✊ 自営業者の節税対策、年金対策 自営業の年収1,000万の手取り額はわずか541万円しかありません(年金、退職金を自前で用意する場合)。

9