穴山 梅雪。 四

「穴山梅雪(信君)」主君勝頼を裏切ったあとの運命はいかに?

💕 この記事は当方のより再編集した内容になります。

3

穴山氏

🤪 武田氏、穴山氏の最後を見届けた見性院 勝千代、信吉という当主を迎えながらも断絶してしまった穴山氏。 (09 8.3 追加). 家督は嫡子勝千代信治が継いだが天正15年 1587年 わずか16歳で夭折し穴山家は断絶した。

4

穴山梅雪はどんな人?ありのままに生きた元祖アナ雪

😄 1573年、武田信玄が死去すると、 に仕える。 三方ヶ原の合戦で穴山衆が多大なる戦功をあげたという記述が『甲陽軍鑑』を含めた複数の史料で確認できるなど、その外交力は戦にも生かされていたことがうかがえます。

甲斐・下山城 甲斐の南部にある穴山梅雪の本拠地

✔ 信友が当主となった頃も武田・今川間では抗争が続いたが、信虎の時代には天文5年3月10日に今川氏で当主のとその弟・が死去することにより家督を巡るが発生し、信虎は氏輝の弟である善徳寺承芳()を支援する。 1580年、出家すると穴山梅雪斎 ばいせつさい 、不白 ふはく と号した。 1575年に穴山信君が駿河・ 主となると、下山城は留守所となりました。

13

穴山氏

☺ 穴山梅雪(あなやま・ばいせつ ~ 2)とは、のの武将である。 穴山玄蕃守信君が「梅雪斎不白」を名乗ったのは、天正9年(1581)以降のことである。

3

武田氏を裏切った穴山梅雪 その子孫は一体どうなった?

🤔 穴山氏の家中においても武田氏への従属を巡り内訌が発生していたと考えられており、『』によれば、永正10年()5月27日には当主であるが子息のにより殺害される事件が発生する。 むしろ、個人的には用意周到なぶん、信茂よりも信君のほうがずっと「不忠者」であるようにさえ感じられました。

8

裏切り者の烙印を押され続ける武田親族衆筆頭・穴山玄蕃守信君(梅雪)(あなやまげんばのかみのぶただ/ばいせつ) | 歴史人

⚑ これはあくまで推論だが、実は家康にとって伊賀とは危ない場所でも何でも無かったのではないだろうか。 1565年10月、武田信玄の嫡男・ が謀反の疑いで幽閉される義信事件が起こると、傅役・ が自害しているが、穴山信君の弟・穴山信嘉も連座し、 久遠寺で切腹したようだ。

13

「穴山梅雪(信君)」主君勝頼を裏切ったあとの運命はいかに?

🙂 山勝 / 信治• ちなみに入場料が¥500が (確認してね)必要です。

12