アビガン 承認。 すべてはメンツと利権死守。アビガンを厚労省がすぐ承認できぬ闇(MAG2 NEWS)

すべてはメンツと利権死守。アビガンを厚労省がすぐ承認できぬ闇(MAG2 NEWS)

⌚ ただ、一般人の多くは「単盲検試験」という言葉自体初耳だろうし、一般紙の説明もややわかりにくいものが多い。

15

アビガンが承認下りないのも不思議でない根拠

🐾 このためPMDA側も単盲検試験という、とりあえず走り出しやすいスキームで先行し、そこで極めて良好な結果が得られた場合はその段階で、そうでなかった場合は二重盲検試験の結果を待って薬食審が適切に判断してくれるだろうという腹積もりがあったと思われる。 新型コロナウイルス感染症の治療薬として5月中の承認が期待されたものの、残念ながら見送りとなってしまった抗ウイルス薬「アビガン」。

13

アビガンが今になっても承認下りない根本理由

🤑 つまりアビガンの投与があったからこそ陰性化までの期間が約3日間短縮されたことになる。 [PR] 治療薬の候補として、注目を集めた抗インフルエンザ薬「アビガン」について、・前首相が「今月中の承認をめざしたい」と異例の発言をして1年が経つ。 昨年秋に承認を申請したが、の専門部会は治験の手法の問題などから「有効性の判断は困難」などとしてとしており、再治験して承認につなげたい考えだ。

アビガンを第二のサリドマイドにしないために

😅 日本では、PCR検査をするための設備が不足しており技師の数も不十分なのです。 アビガンは生体内で変換された三リン酸化体がウイルスのRNA ポリメラーゼを選択的に阻害することによってウイルスの増殖を抑えて症状を改善させていくことが期待されており、この作用機序が新型コロナウイルスに対しても効果があるということが分かり、臨床での研究が進められてきました。 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 有 名な大学病院などで医療事故が起きると、大きなニュースになり、マスコミはこぞって医師や病院を叩きます。

11

アビガンが今になっても承認下りない根本理由 どんな臨床試験が行われたか知っていますか

😄 5%にとどまったことが分かりました。 試験では中等症から重症で入院中の新型コロナ患者353人を対象として症状改善までの時間を評価したが、全体では症状改善までの期間が、アビガンを投与されたグループとプラセボを投与されたグループでは統計学的有意差が認められなかった、ありていに言えばアビガンの有効性は証明できなかった。

12

すべてはメンツと利権死守。アビガンを厚労省がすぐ承認できぬ闇(MAG2 NEWS)

🐲 治験の対象は、国内の50歳以上の男女316人。 実はバイアスが入りやすい試験方法だった? ところが統計学的な手法を使って厳格な科学的評価をしたうえで一定の有効性が認められたはずなのに、なぜ薬食審医薬品第二部会は、「データから有効性を明確に判断することは困難」との評価を下したのか? ここがまさに単盲検試験であるがゆえなのだ。

10

厚労省に嫌われた「アビガン」 コロナ治療薬に承認されなかったのは“新参者”だから

😚 最終的に参加した患者のデータにある時点でロックがかけられて変更できない状態になる。 日本感染症学会の理事長で、東邦大学の舘田一博教授は、「去年4月は手探りのなかで少しでも効果があるならと備蓄が決められたが、まだ臨床研究が続いていて、効果が証明されていない」としたうえで、「計画どおりに備蓄するのか、一度立ち止まるのかを考えていかなければならない。 アビガンをめぐっては、去年12月、厚生労働省の専門家部会が「現時点のデータでは新型コロナウイルスへの有効性を明確に判断するのが困難だ」として承認の可否の判断を見送り、承認される時期のめどは立っていません。

12

コロナ薬候補、アビガンの今 「承認めざす」発言1年 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

🤗 また、PMDAに対する事前相談の段階で今回最終判断のために待っているアメリカとクウェートでの二重盲検試験の計画は富士フイルム富山化学から通知されていたはずである していないということはまずありえない。

1