バンクシー instagram。 バンクシー本人をとらえた幻の作品集、全世界で限定20,000部発行の一部を日本でも販売決定!

バンクシー公式インスタフォロワーが1000万人突破

❤ 女の子が自転車のタイヤでフラフープをしているのですが、確かに作風からしてバンクシーが書いた画に見えますよね。

バンクシーのシュレッダー事件、仕組みと落札者、オークション作品の行方

⚠ キース・へリングが注目されたのも、実はグラフィティアートがきっかけです。 欧州をはじめ感染者が再び拡大するなど、コロナの収束は世界的にも不透明な状況が続いていますが、こうした世の中へ向けてバンクシーがどんな作品を発表するのか今後も注目です。

3

バンクシー本人をとらえた幻の作品集、全世界で限定20,000部発行の一部を日本でも販売決定!

⚔ あなたも「アートのある暮らし」をはじめてみませんか? \ PICKUP WORKS / 「ghetto」とは、ユダヤ人街やユダヤ人強制収容所のことを指したり、アメリカでは特定の貧困地域、貧民街のこと、または黒人などを指す場合もあります。 この作品は、事前予想の3倍のなんと104万2000ポンド(約1億5500万円)、過去のバンクシー作品の最高落札額と並ぶ金額で落札されました。

17

バンクシー、「コロナパニック後の子供の未来」を連想させる新作が深い

😉 ゴッホ、ピカソ、ダリ、アンディ・ウォーホルなどアートの歴史に名を残し、かつ影響力が大きかったアーティストは多くいるが、自分が制作した作品を自分独自のメディアを通じて発信でき、かつ、1000万人以上にリーチできるアーティストがこれまで存在しただろうか? もちろん時代の違いはあるが、1000万人のファンにリーチできるバンクシーの影響力は凄まじいし、過去最大級であることは間違いない。

13

バンクシー公式インスタフォロワーが1000万人突破

😝 一方、《ラビット》とシュレッダーにかけられたバンクシーの作品とどちらに美術史的な価値があるのかという疑問に答えることも難しい。

15

バンクシー公式インスタフォロワーが1000万人突破

⌛ 正体不明のバンクシーとは一体どんな人物なのか?! 1枚の写真によって明らかになる、バンクシーの人物像に迫ります。 オリラジのあっちゃんは好きな芸人ではあるが、元々アンダーグラウンドのアーティスト感が強かったバンクシーが日本の人気ユーチューバーに紹介されるほどメジャーになってしまい、どこか少し寂しさを覚えてしまったが、日本でも完全なる市民権を得たという証の一つなのだろう。 撮影当時は彼がバンクシーだということには気づいておらず、「無名のアーティストがグラフィティアートを描きに来たと思い、撮影した」とのこと。

バンクシー公式インスタフォロワーが1000万人突破

😅 2015年に 期間限定でオープンしましたが、ここは夢の国ではなく憂鬱の国。

14