Soso ビート ボックス。 キミは、世界で人気爆発!日本人Human Beat Boxer ”SO

SO

☯ SO-SO:僕のビートボックスを使って前人未到の面白いことをたくさん成し遂げたいです。

8

Soso ビート ボックス

🤝 「SARUKANI」というビートボックスグループに所属しています。 そんなビートボックスの大会でLoopstationを使って音を重ね、音楽を作り出していく部門があるのですが、2019年のAsia Beatbox Championship のLoopStation部門で19歳にして優勝を果たし、Grand Beatbox Battle 2019でベスト4という輝かしい実績をもつ日本人トップルーパーのSO-SOさんが最近気になってヘビロテ中だったりします。

口だけでドラムやサックスを奏でる! ヒューマンビートボックス・アジア王者の絶技

⚐ 「特別編・中居くん家に達人が!ノブコブ吉村とリズムコラボも?」 TBS -2016年4月25日• これを見て、さらにビートボックスのすごさを知ってください! ・Gene Shinozaki アメリカ 「スキルだけでなく、様々な音楽的要素も組み合わせてパフォーマンスされるビートボクサーです! ビートボックス初心者の方でも聴きやすいと思います」 ・CODFISH(カナダ) 「重厚感のあるベースサウンドが魅力ですね。

17

【ヒューマンビートボックス】話題のビートボクサー SO

🚒 最近は、春の訪れを少しずつ感じながら散歩しながら音楽をたくさん聴いています。 音がタイトでどの帯域もクリアです。 そんな仲間にきっとどこかで出会えるから、僕たちは絶対に1人じゃない。

17

【ヒューマンビートボックス】話題のビートボクサー SO

😂 ビートボックスでも 最先端のスキルを吸収するのが、国民性として上手い印象です」 「たしかに韓国のTV番組でも、 ヨーロッパやアメリカのようなテイストをよく見かけますね」 「バトルでは最前線を走っているのが ヨーロッパやアメリカ。 また同楽曲を SO-SO が全てヒューマンビートボックスで再現した「I Scream SO-SO Beatbox Version 」も収録し、これまでビートボックスに馴染みがなかったリスナーもビートボックスを体感できるようになっている。 タッグ部門での2017年日本王者、2019年アジア王者をはじめとして、数々の大会で輝かしい実績を収める。

【マツコの知らない世界】SO

🐝 SO-SO 1999年生まれの日本のヒューマンビートボクサー。 ビートボクサーをもっと知りたいなーと思ったのですが、 日本国内のプレイヤーはともかく海外プレイヤーの情報はなかなか翻訳されていなくてないものです。

17

海外「彼は今大会の驚きだった!」日本人ビートボクサー、SO

🤲音に厚みがあるため楽曲に埋もれず、綺麗に音を混ぜることができます。

2

【ヒューマンビートボックス】話題のビートボクサー SO

🎇 2021年5月27日• 異次元すぎるスキル……。 「え、ジャズが中心なんですか? てっきりラップとか、 ヒップホップのイベントが多いと思ってました」 「そうでもないですよ! むしろ、僕自身はヒップホップ以外を中心に活動しています。 コミケ会場…じゃないね?ルーパーの世界一を決める大会会場よね?大丈夫かな? でも、日本人って、時々ワケのわかんない爆発力発揮することあるし、 まずは、絶対に人種差別主義者だとか思われたくないから、とりあえず、「サン、ニ、イチ、ビートボーックス!」だけは言っとこ」(良い意味での予想通り) 2、礼儀正しくてナイス! 観客「何?この彼、相手がプレイしてる時にも観客を盛り上げたりして! 礼儀正しいし、なんか良い人そう。

2