肩 甲骨 上方 回旋。 肩甲骨の下方回旋!作用する3つの筋とその動きを解説

【肩関節の基本】肩屈曲時の肩甲骨はどう動く?筋の作用と共に勉強しました!

🤟 上腕に作用する筋 次に肩関節における上腕の動きは屈曲・伸展、外転・内転、外旋・内旋、水平屈曲・水平伸展があります。 上腕骨は骨董が肩峰内に位置して上腕骨近位と遠位がともに同じ垂直面上に位置しています。

14

肩甲骨フォースカップルモーションを理解する

😙 内旋に作用する主な筋は肩甲下筋、大円筋、三角筋前部、大胸筋鎖骨部・胸腹部、広背筋となります。

16

肩甲骨フォースカップルモーションを理解する

⚓ (表現難しいです。

17

肩甲骨の動かし方について

😃 面白い話です。 担当の利用者の 右肩が左肩に比べて上がりませんでした。 肩関節が120度外転したら、肩甲骨は60度上方回旋し、合計180度に。

1

【肩関節の基本】肩屈曲時の肩甲骨はどう動く?筋の作用と共に勉強しました!

✊ 肩甲骨の挙上・下制はものを引っ張りあげたり、押さえつけたりする日常動作で使われますし、肩甲骨の屈曲・伸展も寝たり起きたりするときに必要な動作ですから、肩関節の動きとは独立して動かせないと困ります。 正確には、『肩甲骨の動き』というのは胸鎖関節と肩鎖関節によって構成されていますが、ちょっとマニアックな話になるので興味ある方のみ参考にして下さい。

16

肩甲骨の動かし方について

👐 腕の「外転」ではなくて屈曲(前方挙上)じゃないかな。 意識の行きやすさかなっと、 ふと思いました。 このうち多くの人に癖づいているのが、肩甲骨が上がった状態。

8