アメリカ トラック 野郎。 YouTube「トラック野郎USA」が面白い!

トラック野郎USA ベッド付きの広い車内生活や豪快な食事が楽しめるアメリカ長距離トラック運転手チャンネル

💅 「私はトラックを毎月25日、毎日11時間運転し、週に約1,200ドルを稼いでいます。

2

トラック野郎が映す「好きを仕事に」が非現実的な理由 :日経ビジネス電子版

🖐 2018年3月半ば、ウーバーが購入した半自律走行のボルボ車がテンピ(アリゾナ州)で49歳の女性の歩行者をひき殺した。

15

YouTube「トラック野郎USA」が面白い!

❤ 運転手たちは運動療法士のところで背中のマッサージを受けたり、歯医者で虫歯を治療したり、エリプティカルバイクでトレーニングをしたり、テレビのある部屋でうとうとしたり、さらにはショッピング通路で、「アイオワの本物の芝」でできたサンダルの手触りを確かめることができる。

17

YouTube「トラック野郎USA」が面白い!

💋 アマゾン社の倉庫とコンテナターミナルの間を行き来するトラックの姿を彼は想像している。 日本は逆に狭くて、常識で縛られ、堅苦しさを憶えることも多いです・・・ 一輪車に乗ったり、スキーで難しいコースを滑ったり、オタクっぽく自分の考えや行動を語り見せるなんていいじゃないですか・・・ 熱烈とはいきませんが、ほぼ毎日観ています。 俺は、毎日11時間も運転しているんだ。

19

”トラック野郎USA” (YOUTUBE動画)にはまっています。

☮ 酒場、診療所、刑務所などが見える。

9

トラック野郎USA ベッド付きの広い車内生活や豪快な食事が楽しめるアメリカ長距離トラック運転手チャンネル

🤟 大いにアメリカを楽しんで下さい。 市場経済では、「好きを仕事に」できる環境は往々にして、やがて消えてしまうのだ。