八甲田 山。 八甲田山|青森県観光情報サイト アプティネット

トレッキング情報

👣 最後の遺体収容はであった。

八甲田山 (映画)

👐 弘前隊は小屋に移動したが、全員が入れる広さがなく、2時間程交代で食事と休憩を取りつつ朝を待ち、不眠のまま鳴沢-田茂木野を経由し青森までの強行軍を行った。

15

八甲田山|青森県観光情報サイト アプティネット

👋 遭難始末:歩兵第五聯隊による事件調査報告書。 山口は最終的な責任者であるが、神成との間に意思決定の不統一もあったと思われる。 連隊長同士の約束を考慮し、10泊で総距離240kmの強行日程を組み、少数精鋭の27名の隊員(その中には兵卒よりも下士官を多くした)で雪中行軍する計画書であった。

13

スキー情報

👎 当時は満月で月明かりが雪に反射していたため隊は日没に気づかず、「まだ先に行ける」と判断して田代への行軍を20時頃まで続けた。

八甲田山

😜 八甲田山系は 八甲田大岳を盟主として南北2群の火山よりなり、その中間に睡蓮沼を含む湿原地帯がある。

14

八甲田山

👍 なお、両連隊は、日程を含め、お互いの雪中行軍予定を知らずに計画を立てた。 神田隊(五連隊)が消息を絶ったことが判明すると、徳島隊(三十一連隊)に雪中行軍の中止を命じようとしたが、徳島大尉への伝達手段がなかったことで徳島隊は神田隊が遭難していることを知らないままに八甲田山へ突入している。

10