中国 バッタ アヒル。 バッタの襲来に備えて、中国が10万羽の「アヒル軍」をパキスタンに派遣するというニュースは本当なのか?(中国) (2020年2月29日)

政治プレミア 10万羽アヒル軍でバッタ退治 中国発ニュースはデマなのか

😭 2000年にで発生した蝗害では、ア10万羽が派兵され、バッタを根絶した実績も持っているそうです。 アヒルは集団行動が好きなのでニワトリよりも管理しやすく、農薬よりも効果的なのです。

4

【郎報】中国、バッタ4億匹の襲来に10万羽のアヒル部隊で対抗へ「10万鴨緊急集合!で草」「これは正規軍」「アヒルさん過去最高に頼もしい」

✔ バッタが大量発生しアヒル軍は対抗できるのか?日本海は渡らないよね?【バッタの大量発生は古代から?】 バッタの大量発生については、古くから「クルァーン」や「聖書」に書かれており、直近では2003年10月〜2005年5月にアフリカや中東で起きました。 このうち4000億匹の一団が中国を襲うと思われ 中国政府はパキスタン国境に10万羽の「アヒル部隊」を派遣してバッタを食い止める作戦に出ました。

20

【郎報】中国、バッタ4億匹の襲来に10万羽のアヒル部隊で対抗へ「10万鴨緊急集合!で草」「これは正規軍」「アヒルさん過去最高に頼もしい」

⚛ アヒルがいかに有用であるかは、卢立志という浙江省にある中国農業科学院の研究員がインタビューで語ったものです。 2020年2月27日、中国メディアの観察者網は、パキスタンで発生している蝗害(こうがい=イナゴ・バッタ類による被害)対策で、中国から大量のアヒルを送ることになったと伝えた。

3

バッタの襲来に備えて、中国が10万羽の「アヒル軍」をパキスタンに派遣するというニュースは本当なのか?(中国) (2020年2月29日)

♻ そのため、隣接するパキスタンからの侵入を防ぐことが何より重要としているのだ。 したがって、水源がない状態で、この乾燥した環境にアヒルを配置することはできないでしょう。

バッタの襲来に備えて、中国が10万羽の「アヒル軍」をパキスタンに派遣するというニュースは本当なのか?(中国) (2020年2月29日)

🌭 1週間後の2月26日、別のアヒル軍の記事が浙江省紹興の夕刊紙・紹興晩報に掲載された。

8

食べたり爆撃したり火炎放射したりでは蝗害を防げない!|Yasufumi|note

☝ 「毒を獲得する」という点は本当に厄介で死骸のせいで土地の栄養がなくなったり、殺虫剤を体に取り込んだ状態で野生の動物に食べられることで動物が死んだりということがあります。 「国境集結」が報じられたアヒル軍も10万羽だった。

10

食べたり爆撃したり火炎放射したりでは蝗害を防げない!|Yasufumi|note

☣ おそらくデマの元となった記事 それに今回の蝗害が中国まで行くのではと考えている人もいますが、それは99. バッタの大量発生による災害のことを「蝗害(こうがい)」と名付けられているほどです。 蝗害でなにが起こるのかが大体わかる。 中国では大規模な大雨が続いてバッタが大量発生しやすい環境になりやすく、その後トノサマバッタなどが孤独相から群生相へ相変異して 何百億匹から何千億匹規模の群れになって食料を食べつくします。

19