貴島 誠一郎。 色褪せぬ名作『愛していると言ってくれ』貴島誠一郎Pが撮影秘話語る

TBS『JIN

☝ 離れていても会えばすぐパッと近くなれる人が何人かいて、貴島さんはそのひとりでありますね。 そこですよ。 貴島は、フジテレビとTBSのドラマを徹底的に研究し、当時の視聴者の見たいものと、TBSの伝統の「ホームドラマ」を組み合わせられないかと考えた。

貴島誠一郎さんに聞く プロデューサーが考える脚本家のあり方

💅 貴島:ふざけたやつだね(笑)。

1

豊川悦司を「お稲荷さん」と呼びかわいがった名優・緒形拳を偲ぶ レジェンドドラマ 名優たちの共演(木俣冬)

🚒 常盤貴子さんや矢田亜希子さんなどの俳優さんもそうですよね。 ちょうどドラマの準備をしていたから、ついついじろじろ見ちゃったら、向こうも気づいて僕のほうを見ながら何か手話で話しだしたんです。 キャストに限らず、スタッフもみんな、他局でも仕事をしていますから、「TBSのドラマをやって良かったな」と思って打ち上げを終えたいという思いはありました。

佐野史郎、“冬彦さん”との出会い。「状況劇場」を辞めた後…好青年、癖のある役を経てマザコン男に

📞 今でも心に残っています」と振り返りました。 実際、カップルが僕を批難したかはわからないですが、不躾に見られたら誰だっていやな気持になるし、文句を言うこともあるだろうと。 (2007年)• 緒形さんはすごくヘビースモーカーで、1時間くらいの間に煙草をひと箱吸ってしまうんですよ。

13

貴島彩理

🤪 TBSエグゼクティブプロデューサー。 奇しくも植田の代表ドラマの1つとなった。 それまでは映画中心で。

13

この手だったらいけるかもしれない……「愛していると言ってくれ」豊川悦司が聴覚障害の役となった理由

👐 パパとなっちゃん」としのんだ。 それをベースにして、貴島さんと三人で3ケ月かけて5校まで練って作っていったわけ。

15

28歳女性プロデューサーが思うテレビドラマの未来

♥ テレビは広告を買っていただく事で視聴者にはタダで番組を見ていただける。

17

TBS『JIN

🙂 何かを表現するということは、自分自身を探す旅のようなものです。

16