ゴルジ 腱 器官。 アプライド・キネシオロジー(AK)とは?~筋肉をユルユルにする法則 3|ゆら里|note

ゴルジ腱器官

☝ 一呼吸を約10~15秒の長さで行えば、3回呼吸ほど繰り返すと、自然にゴルジ腱器官が反応します。 つまり、この「ゴルジ腱器官」を うまく刺激してやれば、筋肉を効果的にゆるませられるわけですね。

ゴルジ腱器官の反射とは、筋腱に持続的な伸張が加わるとその筋の収縮を抑制する反射です。

😉 筋肉が受動的に引き伸ばされると、筋内の筋紡錘が刺激され、脊髄反射でその筋肉が収縮する「伸張反射」が起こります。 だから、のばしちゃいけないのです。

アプライド・キネシオロジー(AK)とは?~筋肉をユルユルにする法則 3|ゆら里|note

👀 閾値は高い。

13

筋紡錘とゴルジ腱器官(筋緊張を考える②)

👐 この働きをするのがゴルジ腱器官です。 ストレッチを行うタイミングはトレーニング前・トレーニング中・トレーニング後ですが、それぞれに異なる意味があります。

体性感覚。筋紡錘とゴルジ腱器官。深部知覚、固有受容性感覚

🤚 簡単に説明するなら、筋紡錘による伸張反射は 急激な筋の伸びに反応し、ゴルジ腱器官による防衛反射は、 大きな筋の力発揮に反応すると考えられます。

2

ゴルジ腱器官

👋 繊維を常に刺激していると神経回路は正確に伝達作業をすることができ、バランスと機能性を保ちます。